休止中です。


by pastorella
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:季節の風景( 48 )

祇園祭の街角2

d0020159_21344485.jpg

御幸町錦小路下ル「近又」、思わずカメラを向けたくなる風情、でした。
by pastorella | 2005-07-12 21:34 | 季節の風景

祇園祭の街角1

d0020159_2126679.jpg

鉾町の周辺の老舗玄関も祇園祭のしつらえ。こちらは、麸屋町姉小路上ル、かの「俵屋旅館」、この普通の家のような玄関の奥には、さりげない涼やかな夏飾りが見えました。
by pastorella | 2005-07-12 21:26 | 季節の風景

染井の水~梨木神社

d0020159_15361571.jpg

京都三名水のうち現存する唯一の名水。御所の東側にある梨木(なしのき)神社は萩で知られています。ころころとした水滴が葉の上に光る雨あがり、木陰をつくっている御神木は2本の木が寄り添う桂です。
by pastorella | 2005-07-11 15:36 | 季節の風景

梅雨の晴れ間に vol.2

d0020159_1711719.jpg

鴨川、四条大橋から北の風景。
禊(みそぎ)川の上に床が並んでいます。
河原には、カップルが等間隔で並んでいます。
by pastorella | 2005-07-08 17:11 | 季節の風景
d0020159_19472259.jpg

雷と夕立ちが去って、涼しくなりました。
ほの暗いたそがれどき、桜の盛りに「天女の通い路」と呼んでいる(私的に)洗心橋のたもとに、天の川を想いひそやかな七夕飾りをしました。
また雨が降ってきました。

追記;
「七夕宵 雲の彼方に満天の星の瞬くを想ふ」(短冊をちょっと推敲)
イラク戦争の3ヶ月前、ペトラ遺跡からの帰り道、ヨルダンとイラクを結ぶデザートハイウェイで見上げた夜空には、宝石をびっしりとちりばめた帯状の天の川が流れていました。
by pastorella | 2005-07-07 19:47 | 季節の風景

猫と露草と雨音と

d0020159_198868.jpg

人通りが少ない小路の軒先にたたずんで、
止まない雨をじっと見つめていた白い猫。
格子にかけた鉢植えに一輪咲く青い露草。
カメラを向けると、ゆっくり身を翻して、
家の奥の方へ入って行ってしまいました。
by pastorella | 2005-07-04 19:08 | 季節の風景

大文字山から

d0020159_9301015.jpg

小雨が降っています。大文字焼きの「大」の字の頂点の火床から。
by pastorella | 2005-07-03 09:30 | 季節の風景

鴨川・納涼床

d0020159_2094471.jpg
夕闇深まる頃、木屋町、先斗町から細い路地を通って「床(ゆか)」へ…

d0020159_20101297.jpg
最近は気軽に入れるカジュアルな店が増えましたが、地元の人に親しまれてきたお店の
落ち着いた風情やもてなしにゆったりくつろぐ風景は、やっぱり「床」やな~と。
上木屋町「京料理さつき」にて。

「鴨川納涼床」のお店情報は、こちら です。
by pastorella | 2005-06-25 01:04 | 季節の風景

蛍だより

昨夜は、梅雨入りして夕方から雨があがりました。

9時頃、下鴨本通りと下鴨中通りの中程の疎水分線で、十数匹が2グループと2,3匹ずつちらほら光っていましたmap・ホタル1。疎水を覗きこみながら歩いていたら、紫陽花の葉陰から一匹
ふわ~り近付いてきてくれました。そ~っと包み込むと、掌のなかでボォ~と大きく光って…離した後もしばらく肩に留まっていて、いつのまにか光が点滅するのに合わせて呼吸をしてました。
d0020159_18534523.jpg
松ヶ崎疎水分線は、北大路通の北を松ヶ崎浄水場から京都府立植物園までの1,2km、静かな住宅街を流れています。流れの幅は1~2m(川幅4~6m)、小橋から近いところで、土手の草むらや両側の桜並木の間に黄色い光が揺れて、情緒があります。近辺の人たちや子どもたちが夕涼みがてら訪れて、にぎやかさも親しげです。ホタルの数が年々減って、場所も狭まってきています。
上の写真は、下鴨本通りから東の毎年一番多く見られる場所(map・ホタル2)ですが、昨夜は全く光が見えませんでした。木曜日にはかなり飛び交っていたようなので、もう終わりのようです。


d0020159_21451593.jpgd0020159_21453319.jpg人気スポット・哲学の径も終わりかけですが、人出はかなり多かったよう。近くに住む友人の話では、法然院に向かう洗心橋のあたりが一番多くて、それでも十匹前後、南に歩いてくると、ところどころで一つ二つ光っているという感じだそうです。

宝ヶ池・岩倉はまだのようで、宝ヶ池駅から南東の川沿いに、二つ四つ三つ光を見ただけでした。
by pastorella | 2005-06-12 20:02 | 季節の風景
d0020159_17582829.jpg
紫陽花の葉っぱの上に鈍い真珠色のカタツムリ
角が出てくるのをしばらく待っていましたが、昼寝中のようで。大文字山の上り口。

d0020159_1801032.jpg
カジカガエル(河鹿)
フィフィフィフィフィフィー、森に響く声の持ち主(雄ならば)が足元にやって来ました。

d0020159_17592312.jpg
目の下の模様が特徴のツチイナゴ
かき分けた笹の間でバッタリ、ビックリしたようにカタマッテいました。

d0020159_17565083.jpg
桜の幹にヨコズナサシガメ
光沢のある背と、お腹の脇に張り出した黒白のシマ模様が目立ちます。


昆虫採集もしたことがない虫オンチなので、普段は目の前にいても気が付かないで通り過
ぎているのだと思います。仮に見つけても、動きが早くてあっという間に行ってしまいます。
この日(6/7)は、次々に(このほかにも)色々な生き物が現れて、写真を撮らせてくれました。
d0020159_1756264.jpg

by pastorella | 2005-06-09 17:51 | 季節の風景