休止中です。


by pastorella
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:*秋田の夏05( 12 )

d0020159_9304526.jpg
十和田ホテルは、日本を訪れる外国人観光客のための宿として1939年にオープン。
本館は天然秋田杉の巨木を配した木造三階建て、杉の半丸太を張りつめた外壁や、
宮大工が意匠を凝らした和室など日本の伝統を生かした木造建築です。
1998年、大改修と新館を増設して(客室数50室)現在に至っています。
詳しくは [ 十和田ホテルの歴史

本館ご案内
by pastorella | 2005-09-09 09:58 | *秋田の夏05
d0020159_0565773.jpg
水辺にトクサの群生

部屋の窓辺で朝焼けを眺め、sunrise at 露天風呂、
思いがけず、これ以上ないほど贅沢な朝になってしまいました(^^)v 
次はやっぱりこれが目的!の、朝の風に吹かれる誰もいない湖畔の散策。
気持ちだけは、<サラサラした白いワンピースにカーディガンをふんわりと肩にかけて>に
なって(*^^*)足どり軽やかに朝日の湖へと下りて行きました。

続きます。。
by pastorella | 2005-09-07 01:56 | *秋田の夏05
4時20分、西湖畔の「十和田ホテル」客室から
d0020159_15145159.jpg

藍鼠の山の端に滲んできた曙光
鼓動の数倍の速度で澄んでいく夜明け
上澄みを突き抜ける金色の矢、煌々と
d0020159_1981856.jpg
4時50分
日の出(8/25投稿記事

by pastorella | 2005-09-06 19:16 | *秋田の夏05
d0020159_5395465.jpg
「新涼展望」 十和田湖の南の入口、発荷(はっか)峠から。(8/24投稿記事
d0020159_5524915.jpg
奥入瀬渓流、奥は渓流の本流にかかる唯一の滝「銚子大滝」
幅約15m、落差7mの「銚子大滝」は、落差と水量の多さために、これより上流に魚が
上れず「魚止めの滝」と呼ばれ、十和田湖には魚が棲まなかったといわれています。

十和田の湖の波の裔(すえ)
身の清冽を愛(いと)しめども
深山(みやま)を出でて野に向ふ
身の現実(うつつ)こそ是非なけれ
(中略)
しばしは此処にいざよいて
さみどり深く閉したる
高山の気を身に染めん
花も楓も多なるを
(佐藤春夫『奥入瀬渓谷の賦』より)
d0020159_1703330.jpg
雲間から光が強く射し込んで急流を白く輝かせると辺りに散らばって、変幻自在に滝を包み込むと翳りまた舞い降りて木立の色を操り溢れる泡沫を遊ばせて。(8/24投稿記事
d0020159_186416.jpg
奥入瀬渓流は、湖畔の「子(ね)の口」から蔦川と合流するまでの14.2km、途中多くの小さい流れが合流し徐々に大きな流れとなります。渓流沿いの道の両側には多くの滝が見え隠れしています。参照:奥入瀬渓流ガイドマップ

◆[壁紙自然派]の「深緑の奥入瀬」で豊かな渓流をご覧いただけます。
by pastorella | 2005-09-05 18:18 | *秋田の夏05

日の出・十和田湖

d0020159_6442390.jpg

5時15分 湖面輝いて 爽やかな朝

by pastorella | 2005-08-25 06:44 | *秋田の夏05

朝焼け・十和田湖

d0020159_6395684.jpg

4時46分 西湖畔のホテル、部屋の窓から

9月6日 Memories十和田Ⅲに追記しています。

by pastorella | 2005-08-25 06:39 | *秋田の夏05

奥入瀬・銚子の滝

d0020159_19584241.jpg
瀬に鳴り渕に咽びつつ
奥入瀬の水歌ふなり
しばし水陰に佇みて
耳かたむけよ旅人よ
佐藤春夫 『奥入瀬渓谷の賦』より

9月5日[Memories十和田Ⅰ]にこの日の奥入瀬渓流の風景をまとめました。

by pastorella | 2005-08-24 19:58 | *秋田の夏05

十和田湖・発荷峠から

d0020159_14161996.jpg

爽やかです。澄んだ空気・光、湖面のこまかなさざ波が描く繊細な水紋。
by pastorella | 2005-08-24 14:16 | *秋田の夏05

海・宵空

d0020159_005020.jpg

日が沈んだあと、母を乗せて海辺をドライブして、暮れていく空を一緒に眺めました。
もしかしたら初めてかもしれません。午後7時の空。海風は涼しく、もう秋の気配。
by pastorella | 2005-08-23 23:58 | *秋田の夏05
d0020159_20211619.jpg

クマゲラの森の奥に柔らかな滝がありました。
滑らかな巨岩の曲面を、ゆるやかに清水がすべっていきます。
桃洞の名どおり所々にある丸い洞がアクセント、川底も平らな一枚の岩。
淵に薄く砂があるだけで、小石ひとつありません。…ガウディ。
好天が続いて水量が少なく、とろとろとした流音、遠くに雷鳴。

壁紙自然派に、春の桃洞渓谷の3連作 があります。
詳しい案内は、こちら にどうぞ。

追記:フォルムをじっくりご覧ください。
by pastorella | 2005-08-20 20:21 | *秋田の夏05