休止中です。


by pastorella
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

曼殊院・紅一枝

d0020159_17255416.jpg
樹木の根を覆う苔の起伏の向こうに

d0020159_19465339.jpg
足元に小さなリンドウの花




d0020159_204423.jpg
庭の隅人知れず
岩のほろほろと
こぼれる
秋の日
牧谿の横物をかけ
野花の一輪を活け
静かに待つ
待つ人の来たらず
水草の茎長き水鏡
女のこころうつる
男は女の影にすぎない
土は永遠を夢みる
人はその上に一時のびる
旅のつる草
茎に夕陽の残るのみ
草の実は女のこころ
心のかげりは
野辺のかげり

西脇順三郎 『旅人かへらず』より


※牧谿(もっけい) 13世紀中期に活躍した中国、南宋の禅僧画家で宋代花鳥画の大家。
by pastorella | 2005-11-02 20:20 | 京都紅葉散歩05